ハイキング続

viento2018
bty

 

ぼくの記事ハイキングを読んでいただきありがとう

ハイキング
ハイキング 気持ちよく晴れた日、ぼくはハイキングに行った。 いつものように街中をふらふらするのでなく山道を歩いた。 しかし、いつも歩いている道とは少し違った。 気がつけばぼくはものすごい転びかたをした。 ...

今回は2軒目の整形外科のだ。

ここももう改しなければ診察をしてほしくはない

 

2軒目の整形外科

駅からほどいこの整形外科親子でやっている。

患者さんも多くいつもしているようだ。

しかしプライベートが全くない。

とても大きなホール

大きなホールの中に診察室(2診)リハビリ室がある。

診察するスペースのすぐ後ろにカーテンのようなパーテーションそこが中待合室だ。

ぼくの前の患者さんの診察は後ろのぼくのにもすべてこえてきた。

 

ぼくのになった。

ぼくの後ろには次の患者さんがっている。

そして今はぼくの診察を次の患者さんが聞いている。

ぼくはばれてすぐにぼくの担当になった医師にろの患者さんいなくならないとぼくはせないとえた。

どちらにしてもレントゲンは撮るらなければいけないことは問診票を見てわかった医師はレントゲンを撮った、ぼくの次の患者さんを中待合に入れないと約束してくれた。

レントゲンの結果をもとに診察をしこの整形の担当医は処方してくれた。

 

今時待合をカーテン一枚で区切る病院は珍しい。

患者さん個プライバシーがあるのに。

 

回のことはやはり行政に相談する。

こんなことはぼくのだけだろうか?

 

ぼくの街の整形外科

ぼくのの整形外科はひどい病院が多いのか?

以前も看護師がレントゲンをっていた病院もあった。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

ぼくの記事ハイキングを読んでいただきありがとう。

 

今回は2軒目の整形外科の話だ。

ここももう改善しなければ診察をしてほしくはない。

 

2軒目の整形外科

駅からほど近いこの整形外科親子でやっている。

患者さんも多くいつも繁盛しているようだ。

しかしプライベートが全くない。

とても大きなホール。

大きなホールの中に診察室(2診)リハビリ室がある。

診察するスペースのすぐ後ろにカーテンのようなパーテーションそこが中待合室だ。

ぼくの前の患者さんの診察は後ろのぼくの耳にもすべて聞こえてきた。

 

ぼくの番になった。

ぼくの後ろには次の患者さんが待っている。

そして今度はぼくの診察を次の患者さんが聞いている。

ぼくは呼ばれてすぐにぼくの担当になった医師に後ろの患者さんいなくならないとぼくは話せないと伝えた。

どちらにしてもレントゲンは撮らなければいけないことは問診票を見てわかった医師はレントゲンを撮った後、ぼくの次の患者さんを中待合に入れないと約束してくれた。

レントゲンの結果をもとに診察をしこの整形の担当医は薬を処方してくれた。

 

今時待合をカーテン一枚で区切る病院は珍しい。

患者さん個人のプライバシーがあるのに。

 

今回のことはやはり行政に相談する。

こんなことはぼくの街だけだろうか?

 

ぼくの街の整形外科

ぼくの街の整形外科はひどい病院が多いのか?

以前も看護師がレントゲンを撮っていた病院もあった。

 

 

コメント

  1. キティーさん❤️ より:

    時々ありますね。プライバシーなんて関係ないという病院。
    レントゲン看護師に撮らせてるところも。患者の気持ち全く考えてませんね。
    患者の目の前で医師と看護師がヒソヒソ話をしながら仲良さそうにしているのも❓❓ってなります。
    ビエントさん、お大事になさってくださいね(*´ω`*)❤️