お母さん

viento2018
bty

 

郵便局

ぼくは郵便局で手紙を出すため並んでいた。

ぼくの前の田舎現金書留を送るところだった。

たまたま話をいていたぼく。

前のおさんであるこの男性は田舎の葬場にお金を送ろうとしていたようだった。

話の内容から親がおくなりになったため。

 

お母さん

母親の本当のぐらい・・・・・。

とてもいのはわかる。

しいのもわかる。

でも

田舎にいってあげてほしい。

 

ぼくはった。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

郵便局

ぼくは郵便局で手紙を出すため並んでいた。

ぼくの前の人は田舎に現金書留を送るところだった。

たまたま話を聞いていたぼく。

前のお客さんであるこの男性は田舎の火葬場にお金を送ろうとしていたようだった。

話の内容から母親がお亡くなりになったため。

 

お母さん

母親の本当の最期ぐらい・・・・・。

とても遠いのはわかる。

忙しいのもわかる。

でも。

田舎にいってあげてほしい。

 

ぼくは思った。

 

コメント

  1. けー より:

    自分自身のことも考えさせられました!
    葬式会場に行かないでお金だけを送るのも寂しいですよね…。

  2. キティーさん❤️ より:

    切ないですね(。´Д⊂)

    言葉が間違えていたらすみませんm(__)m

    ビエントさんの文章で涙が溢れてきました。

  3. ほんとだね。最後くらいは行ってあげてほしいね。母親って、子どもが来てくれるだけでもうれしいもんですよ。生きている間に楽しい思い出をたくさん作ってあげたいですね。今日は母の日!