サイクリング

viento2018
bty

 

自転車

ぼくは少し家かられたところに出かけるため自転車に乗った。

今日は自転車で出かけるにはとても気持ちのい日。

 

住宅の車道を颯爽っていたぼく。

ぼくのをすっと抜き去り、いきなり左折した常用車。

ぼくがブレーキをかけねばぼくは車とぶつかっていた。

思わず大きな声で「止まれよ」とんでいた。

同時にナンバープレートのすべてを覚えた。

すぐ近くに交番があった。

交番がなければ110番するつもりだった。

ぼくはその駐在さんに今ぼくが車とぶつかりそうになったことを説明した。

ナンバーや車の特徴、性が転していたことなどをした。

駐在さんはわかりました。

担当警察官から連させます。

と。

 

この運転手に意するように話してほしいと。

この前の死亡事故を見たばかりのぼく。

ぼくはまだにたくない。

まだまだんでしまうような事故にあいたくなかった。

このの記事くちなしの事故で見てしまったような故のようにまだなりたくなかった。

 

一週間が過ぎ

一週ぎても絡がない。

もうほっぽられたかとっていたぼく。

 

警察から絡をいただいた。

この時の性運転手はぼくが大を出していることはわかった。

なぜあの人が声出しているかわからなかったと。

車がいることをらなかった。

 

法律

この法律で車道をるように言われている自車。

自転やバイクなど車が追いくのは仕方がないことだ。

き込み事故をぐためにも、歩者、自転車やバイクがいることをしっかり認し折してほしい。

この前の死亡事故のように誰かがぬかもしれないから。

あのぼくの記事くちなし故から1か月の出来事だった。

 

くちなし
ぼくは事故を見た。 ものすごいのを。 もしかしたら死んだかも。 と思うようなものだった。 国道のようなとっても大きな道路、いつもなら渋滞など絶対にない道だ。 片側二車線の上り方向で。 なぜ...

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

自転車

ぼくは少し家から離れたところに出かけるため自転車に乗った。

今日は自転車で出かけるにはとても気持ちの良い日。

 

住宅街の車道を颯爽と走っていたぼく。

ぼくの脇をすっと抜き去り、いきなり左折した常用車。

ぼくがブレーキをかけねばぼくは車とぶつかっていた。

思わず大きな声で「止まれよ」と叫んでいた。

同時にナンバープレートのすべてを覚えた。

すぐ近くに交番があった。

交番がなければ110番するつもりだった。

ぼくはその駐在さんに今ぼくが車とぶつかりそうになったことを説明した。

ナンバーや車の特徴、女性が運転していたことなどを話した。

駐在さんはわかりました。

担当警察官から連絡させます。

と。

 

この運転手に注意するように話してほしいと。

この前の死亡事故を見たばかりのぼく。

ぼくはまだ死にたくない。

まだまだ死んでしまうような事故にあいたくなかった。

この前の記事くちなしの事故で見てしまったような大事故のようにまだなりたくなかった。

 

一週間が過ぎ

一週間が過ぎても連絡がない。

もうほっぽられたかと思っていたぼく。

 

警察官から連絡をいただいた。

この時の女性運転手はぼくが大声を出していることはわかった。

なぜあの人が大声出しているかわからなかったと。

自転車がいることを知らなかった。

と。

 

法律

この頃法律で車道を走るように言われている自転車。

自転車やバイクなど車が追い抜くのは仕方がないことだ。

巻き込み事故を防ぐためにも、歩行者、自転車やバイクがいることをしっかり確認し左折してほしい。

この前の死亡事故のように誰かが死ぬかもしれないから。

あのぼくの記事くちなしの事故から1か月後の出来事だった。

 

 

コメント

  1. 月風令和 より:

    きをつけてね

  2. アンネ より:

    ほんとに危ないですよね〜 運転する側もちゃんとして欲しいですよね。気づかないまま轢き殺されてしまうとか最悪のパターンですからね。ご無事で何よりです。

  3. サリー より:

    vientoさん、大事故にならず、ご無事で幸いでしたね。私も一ドライバーとして、日々危険な場面に遭遇する事もあります。事故は一瞬の出来事です。やはりスピードに注意して、心にゆとりを持ってハンドルを握る事がら事故を無くす事に繋がるのかなと思います。
    これからも悲惨な事故は起きない事を祈ります。

  4. よくぞ、ご無事でした。危なかったね。何にも見ないで運転している人が多いから気をつけたほうがいい。よく今まで事故しなかったね、と、びっくりするようなドライバーがなんと多いことか! 目を閉じたまま運転しているのかと疑いたくなるような人がいる。横断歩道も青だからといってウカウカ渡っていると大変なことになる! 特に左折する車は、歩道を歩いている人や自転車を見ていない。この前、目の前で、車が自転車にぶつかるのを見た。自転車に乗っていた学生はボンネットの上に跳ね上げられると思ったが、そこまでひどくぶつからず、学生は倒れかけた自転車を立て直した。車はそのまま立ち去り、自転車も立ち去った。車の運転手は「大丈夫ですか?」のひとこともなかった。人身事故になるから、あわてて立ち去ったんでしょうね。交差点だったから、対向車も事故を起こした車の後ろにいた私も現場を見ていた。対向車の運転席の人もびっくりした顔をしていた。自転車の学生は、打撲の痛みが残っていると思われる。